社章をお探しの方へ~サイトをランキングでご紹介~

TOP > 社章について > 社章を販売しているサイトの選び方

社章を販売しているサイトの選び方

 社章を身に着けていれば社員としての責任感が増し、周りの人々からも信頼できる会社であると考えてもらうことができます。昔に比べると今ではより多くの人々が社章をつけるようになりました。これは、インターネットなどで気軽に社章を注文することができる環境が整ったからだと考えられます。社章の製造販売に対応している会社はたくさんありますが、その中からいったいどれを選べばよいのかと迷うことがあるかもしれません。そんなときには販売サイトをしっかりと確認して、どのような会社であるのか把握することをおすすめします。
 社章を製造販売している会社の選び方は、会社の設立年度や不良が見つかった場合どのように対応してもらえるのか、社章を製造するプロセスなどについて注目することをおすすめします。

 会社の設立年度に関しては古ければ絶対に良いというものではありませんが、どれくらいの経験があるのかを確認する上では良い目安になります。社章の製造販売を行っているある会社はこれまでに70年もの豊富な経験をもっており、しっかりとしたテクニックを持っているだけではなく、多くの人々から信頼されてこれまで続けてこれたことがわかります。また完成した社章が届けられてから不良が見つかった場合、自分たちのミスを認めて気持ちよく交換してくれる会社であることも大切です。
 万が一のときに備えて保証が充実していれば、安心して注文することができます。また不良品の発生を防ぐためにどのような製造プロセスが行われているのかをサイト上で公表している会社も信頼しやすいと言えます。検品工程などについて確認することができます。

 社章の製造から販売までの全てのプロセスを自社で一貫して行っているある会社では、販売サイトにて製造工程について写真付きで紹介しています。最初に版下の製造からスタートし、彫刻してから焼き入れを行います。続いて材料切りをしてプレスと型ぬきの工程に入り、裏附属を付けたら仕上げをして検品してから出荷します。仕上げには様々な方法があり、予算や好みに合わせて好きなものを選ぶことができます。
 金・銀仕上げやいぶし銀仕上げ、ダムシンや七宝入れ、研エポキシ仕上げや金銀張りの他に、18Kや20K、純銀台といった高級感のある仕上げも用意されています。目安となる料金表も販売サイトに掲載されており、例えば銀台金メッキの七宝仕上げで100個注文する場合、1個あたり1,100円からとなります。この他に型代も必要になります。

次の記事へ

ページトップへ