社章をお探しの方へ~サイトをランキングでご紹介~

TOP > 社章について > 社章の販売はどこで行っているのか

社章の販売はどこで行っているのか

社章をつけて仕事をすることもあるでしょう。
そんな時にどういうところで販売をしているのか、取り扱っているのかを事前にチェックをしておくことが好ましいです。
特注となるので、販売をしている業者がどこにあるのか分からない、ということがあります。
今はインターネットで発注をして宅配便で受け取る形が多いです。
それがもっともスムーズな方法と言うことが出来るでしょう。
作っているところを見るわけにはいきません。
新しく作りたいという時にはデザインに関して相談をすることが出来る業者もあります。
しかし一般的には送られてきたデザインの社章を作るというだけのことが多いです。
企業とのやり取りになるので、本当に安心をして依頼をすることが出来るのかどうか、ということもしっかりと検討をしなければいけません。
デザインの情報漏えいがあってはいけません。



メーカーは会社に社章を販売するが、社員には貸与

多くの会社は、社員が入社すると社章を渡して、スーツに着けるよう促します。
それは、その人がその会社の社員であることを示すもので、素材は純銀金張りであったり、七宝焼きであったり、様々です。
最近、テレビの刑事もので見かけるものに、警視庁刑事部捜査1課の課員だけに許されている赤バッジがあり、知らない人は、民間の会社みたいだと言います。
この社章、メーカーは注文を受けた顧客である会社に販売しているのですが、それを受け取った会社は、社員に対して貸与します。
これは、当該社員が退職後に悪用されたりする事を避けるためであり、当然のことですが、近年、勤め先が一つの個人情報であることから、これを着用しないまま、紛失する人が増えています。
そうしますと、会社側は退職時に数千円の実費を請求することになるようです。
しかし、有名な企業の中には、数千円払って紛失した事にして返却を逃れ、オークションに出品して販売している出品者がいます。
使い方を間違えると、事件になりそうな会社ですので、管理には充分な注意をして頂かなければ困ります。



社章の必要性と販売依頼を行うメリット

社章となるロゴマークは会社の広告像としての役割を持ってます。
単純に文字だけでは利用している個人にとって利用している会社がどういった組織なのか理解をする事が難しく、他社との差別化の要素が分かりにくくなります。
例としてコンビ二を挙げますと、複数のコンビ二会社が存在しており、コンビ二にこだわりがなければ、一番近場のコンビ二を利用する事が考えられ、顧客に印象を与える事は固定客確保の為に必要不可欠であるとも言えます。
こうした社章を取り扱う為にデザインの販売を依頼する事は広告面で大きなアピールをする事に繋がりますが、デザインを募集して販売依頼を行うメリットには多くの人がより印象強くする事が可能なデザインを複数のデザインから選定して、アピール力が高く、多くの人が気に入るデザインを選べる点がメリットになります。

次の記事へ

ページトップへ