社章をお探しの方へ~サイトをランキングでご紹介~

TOP > 社章について > 社章の由来や言葉の意味と販売業者

社章の由来や言葉の意味と販売業者

胸にきらっと光るバッジを社章といいますが、このバッジは明治時代の軍隊が発祥であるといわれています。
軍隊から学校の校章へと広がり、ビジネスでもつけるようになっています。
このバッジには色々な素材で作られていて、丹銅や銀そして18金やプラチナなどがあります。
バッジを製作や販売している業者によって、使っている素材が違ったりすべての素材を扱っていたりします。
また社章は会社のロゴマークのデザインが基本で、バッジ用のデザインが別になっている会社もあります。
このバッジを付ける意味としては、会社の社員である証明や理念を示すアイテムにもなります。
他にも会社以外でも宣伝を目的に付ける意味もあり、製作や販売をする業者ではオリジナリティなデザインもあります。
会社の宣伝活動の一貫として、最近は社章をつける会社が増えています。



信頼度や安心度を高める社章の販売店

子供の頃は学校の校章をつけましたが、社会人になると会社員は社章をつけるようになります。
とても小さなサイズのバッジで、サイズは一般的に1から2cmくらいであるのが基本になっています。
しかしこのバッジには小さいアイテムながら、大きなメリットを与えてくれるものでもあります。
会社員であればビジネスシーンの場で活躍しますが、取引先やクライアントなど他の会社との接触があります。
ここで社章を付けていることで信頼度が上がり、会社のマークを背負っている人という安心感を与えることができます。
ビジネスシーンではそんな信頼度を高めるものがあり、その人の証明書でもある名刺もそのひとつです。
ですから名刺を差し出すこと、そしてバッジを付けていることで相手の印象が良くなります。
社章は専門の販売店でオーダーすることができ、会社一つ一つにあったものを作ってくれます。



宣伝効果に使える社章は販売店で作ろう

ビジネスでは商品の売り上げも大事ですが、会社の認知度をアップするのも必要です。
せっかく商品が良いのに売れないのは、会社の認知度が低くお客さんに不安を抱かせているのも理由です。
そこで会社の認知度を上げるには宣伝をしますが、一般的にはコマーシャルや雑誌の掲載そしてネットのサイトがあります。
また社員一人一人も宣伝担当になってもらい、販促品を活用したり社章や名刺で認知度を上げることができます。
特に社章は胸に付けているので、ビジネスに関係ない一般の人からも見られています。
不特定多数の人に見られることで宣伝になり、きちんとした対応をしていれば会社の印象も良くなります。
ですから社章を作るときはデザインも大事で、販売店選びには慎重にならないといけません。
実績があり信頼性のある販売店をポイントに探すのがコツです。

次の記事へ

ページトップへ